ページの先頭です
メニューの終端です。

ハマナシ群生地

[2010年5月18日]

ハマナシ群生地

ハマナシは、北の海岸砂地に自生する植物で学説では、その南限は茨城県大野村の鹿島浦砂丘とされている。
昭和47年(1972年)、細屋敷納屋地先の芝地にハマナシの自生地が発見された。
ハマナシは、バラ科の落葉潅木(カンボク)で、高さ1.5mに及ぶ。幹・枝には刺が密生し、葉は羽状の複葉、初夏から紫紅色をした五弁のバラに似た芳香のある美しい花を開く。花後、扁円形の果実を結ぶ。ハマナスは、俗称。

ハマナシ

(天然記念物の美しいハマナシ)

地図

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)教育委員会事務局社会教育係

電話: 0475-70-3193 ファックス: 0475-76-7423

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]