ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度狂犬病予防集合注射の実施について

[2017年3月13日]

平成29年度狂犬病予防集合注射の実施について

 狂犬病予防集合注射を4月5日(水)から7日(金)および5月10日(水)の4日間実施します。

 予防接種当日に必要なものは次のとおりです。

 ※初めて犬を登録する飼い主の方も接種を受けることができます。

当日ご持参いただくもの

 〇既に登録を受けている方

 ・費用 1頭3,500円(注射料金2,950円・注射済票交付手数料550円)

 ・町から送付したはがき(事前に、はがき表面の問診票を記入してください。)

 〇初めて犬を登録する方

 ・費用 1頭6,500円(登録手数料3,000円・注射料金2,950円・注射済票交付手数料550円)

 ・問診票(当ホームページからダウンロードできますので、事前に記入をしてください。)

 ※お忘れの際は、現地でご記入いただきます。(手続きにお時間をいただきます。)

平成29年度狂犬病予防集合注射日程表

問診票

注意事項

 ・事故防止のため、会場には必ず飼い犬を制御できる方が連れてきてください。

 ・飼い犬の体調により予防注射が受けられない場合がありますので、後日、個別に動物病院で予防接種後、「狂犬病予防注射済票」および印鑑をご持参の上、

  まちづくり課環境係にて手続きをしてください。

 ・飼い犬が既に死亡している場合や犬の所在地、所有者の住所氏名等に変更がある場合には、まちづくり課環境係まで届出をしてください。

 ※町外へ転出した場合は転出先の市区町村畜犬担当課へ届出が必要になります。

登録と予防接種の意味

 生後91日以上の犬の飼い主は、狂犬病予防法により犬の登録(生涯に1回)と、狂犬病予防注射の接種(毎年1回)が義務付けられています。

 これは、国内において、万が一狂犬病の発生が報告された場合、飼育されている犬の頭数や予防注射実施の有無を把握しておくことがその後の対応に

 おいて非常に重要になるからです。

 飼い主は愛情と責任を持って、登録と予防注射を行わなければなりません。

犬の飼い方

 ペットは飼い主に癒しややすらぎを与えてくれるかけがえのない存在ですが、かわいいからといって何をしても許されるとは限りません。

 町、保健所には散歩中のフンの不始末、放し飼いによる危険な飼い方等さまざまな相談が寄せられます。

 飼い主には守るべき法令等が存在します。フンの不始末や犬の放し飼いは法令で禁止されており、罰則の規定が設けられているものもあります。

 フンの不始末、犬の放し飼いが絶対にしないでください。

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)まちづくり課環境係

電話: 0475-70-3166 ファックス: 0475-76-7934

お問い合わせフォーム


平成29年度狂犬病予防集合注射の実施についてへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]