ページの先頭です
メニューの終端です。

小中学校ブロック塀点検結果について

[2018年7月17日]

ブロック塀点検結果

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀の倒壊事故が発生したことから、本町の小中学校施設において緊急点検を実施しましたので、その結果をお知らせします。

1.点検施設

町内小中学校4校

2.点検方法

学校敷地内にあるブロック塀の実測、目視および打設検査

3.点検内容

  • ブロック塀の有無
  • ブロック塀の高さ
  • 控え壁の有無(高さ1.2メートルを超えるものは、控え壁が必要)
  • ブロック塀の強度(打設検査)
  • ブロック塀の老朽化

4.点検結果

調査の結果、ブロック塀のある学校は片貝小学校(総延長約230m)および九十九里小学校(総延長約70m)の2校でした。いずれもブロック塀の高さが1.2m未満であることから、建築基準法の適用範囲外でした。ただし、片貝小学校の一部の塀については、老朽化が進行していることから、フェンスへの更新を予定しています。

今後も危険個所がある場合には、学校と連携を図り対応してまいります。

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)教育委員会事務局学校教育係

電話: 0475-70-3191 ファックス: 0475-76-7423

お問い合わせフォーム


小中学校ブロック塀点検結果についてへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]