ページの先頭です
メニューの終端です。

風しんが流行しています

[2018年8月31日]

風しんが流行しています

 現在、例年と比較して風しんの患者さんが大幅に増加しています。

 風しんは、妊娠20週頃までの妊婦がかかると、風しんウイルスが胎盤を介して胎児に感染し、出生児に「先天性風しん症候群」といわれる障がいをもたらすことがあります。

 妊娠中は風しんの予防接種を受けることができませんので、妊婦の周囲の方(家族のほか、職場の同僚、公共交通機関利用時など)の配慮が必要です。

 特に30歳代~50歳代男性、これから妊娠を希望される女性、抗体を保有しない妊婦と同居されている方、妊婦と接触する機会の多い方のうち、予防接種を2回受けていない方や予防接種歴や罹患歴が不明な方は、かかりつけ医などに相談のうえ、抗体検査や予防接種を検討しましょう。

 また、風しんを疑う症状が現れた場合は、周囲への感染を防ぐため、必ず事前に医療機関に電話連絡し、医療機関の指示に従って受診してください。

 

 なお、千葉県では、一定の要件を満たす女性に対し、県の委託医療機関で風しん抗体検査を無料で受けることができます。詳しくは千葉県ホームページでご確認ください。

 

風しんについて(厚生労働省)

千葉県感染症情報センター(千葉県)

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)健康福祉課健康指導係

電話: 0475-70-3182 ファックス: 0475-76-7541

お問い合わせフォーム


風しんが流行していますへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]