ページの先頭です
メニューの終端です。

町長あいさつ

[2020年1月1日]

令和2年 年頭あいさつ

 明けましておめでとうございます。

 昨年の町長選挙におきまして、町民の皆さまから温かいご支援とご厚情を賜り、2期目の町政を担わせていただくことになりました。皆さまからの期待と信頼にお応えすべく、決意を新たに「海浜文化都市」の実現に向け全力で取り組んでまいります。

 さて、ここ数年、全国各地で大規模な災害が相次いで発生しております。本町におきましても、昨年の強烈な台風や予想をはるかに超えた大雨による大規模停電や断水、家屋や農業・漁業施設の損害、道路の冠水など、甚大な被害が生じたことにより、皆さまの生活に大きな影響が出る事態となりました。被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。今後も、町としてできる限りの対応を行い、災害復旧に最大限の努力をしてまいります。また、この風水害を教訓として、災害時における万全な体制を整えながら防災・減災対策に取り組み、関係機関との連携のもと「安全で安心なまちづくり」により一層傾注してまいります。

 昨年は、「かたかいこども園」をリニューアルするとともに小中学校にはエアコンを設置するなど、子どもたちの教育環境の充実を図りました。また、介護予防拠点施設である「ちどりの里」には、高齢者の「よろず相談窓口」である「地域包括支援センター」を移設し、機能強化を図りました。さらに、交流拠点施設である「海の駅九十九里」には、「ちびっこ広場」を整備し、くつろげる空間を創出するとともに地域ブランドの開発など6次産業化の拠点施設として、旧豊海保育所の利活用を始めました。このほか、千葉工業大学と締結した「連携協定」に基づき、今後は、大学が有する最先端技術などを、教育文化振興や地域経済の活性化などのさまざまな分野で活かせるよう取り組んでまいります。

 今年は、町が誕生して65周年を迎え、折しも東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。このため、2月には「東金・九十九里波乗りハーフマラソン」を開催いたしますので、参加者の皆さまには、雄大な太平洋を望みながら、普段走ることのできない波乗り道路を駆け抜けて、町の魅力を体感していただければと考えております。

 今後とも、先人たちのたゆまぬ努力により、一歩一歩65年の月日を重ね守り続けた郷土「九十九里町」の更なる発展に全力で取り組んでまいりますので、皆さまのご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

 結びに、本年が幸多き素晴らしい年となりますようお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 

 

   令和2年1月

                                          九十九里町長  大矢 吉明

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)総務課秘書広報係

電話: 0475-70-3100 ファックス: 0475-70-3188

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]