ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度九十九里町海水浴場開設の中止について

[2020年6月17日]

海水浴場開設の中止について

 令和2年度の九十九里町のすべての海水浴場(作田海水浴場・片貝海水浴場・不動堂海水浴場・真亀海水浴場)は、新型コロナウイルス感染症の影響により、開設を中止いたします。

 これまで、海水浴場の開設に向けて、各関係機関と協議を重ねてまいりましたが、毎年、多くの来遊客で賑わいをいただいている本町の海水浴場では、密集、密接による感染防止策が十分に行えないことから、苦渋の決断ではございますが、令和2年度は海水浴場を開設しないと判断させていただきました。

 この判断は、来遊される観光客の皆さま、地域住民の皆さま、また、毎年、安全・安心の海水浴場のためにご協力をいただいているライフセーバーの健康と安全を最優先に考えた結果でございますので、皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、ライフセーバーが監視をしていない海水浴は、非常に危険ですので、ご自身をはじめ、大切なご家族やご友人の命に関わる行動であることを十分にご理解をいただき、来年度、新型コロナウイルス感染症が終息した際には、安全・安心な海水浴場として、皆さまを心よりお待ちしております。

注 意 勧 告

ライフセーバーの監視のない海水浴は非常に危険です!

離岸流(リップカレント)にご注意

波は沖から海岸へ打ち寄せますが、海水はどんどん岸に貯まるので、どこかから沖にもどろうとします。この時、岸から沖の方へ向かって一方的に流れる早い流れのことを離岸流 と呼びます。

速さ:最大で1秒に約2m進む(人の早歩きくらいの速さ)

長さ:通常、数10m~数100m程度

 幅:10m~30m程度(海岸と並行に少し移動すると逃げられる)

離岸流に流されたら

・あわてず落ち着く(パニックにならない)

・可能であれば、まわりの人に流されていることを知らせる

・岸と平行に泳ぐ(岸に向かって泳がない)

・沖向きの流れを感じなくなったら、岸に向かって泳ぐ

・泳ぎに自信のない方は、無理に泳ごうとせず浮いていることに専念する

離岸流は、決してめずらしいものではなく、九十九里町の海岸でも発生する流れです。離岸流が発生している場所は、周囲に比べて波が砕けてなくて、一見静穏で安全だと思ってしまいます。「あの波がない静かな場所で泳いでおいで」 お子様へのこの一言が危険です

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)産業振興課商工観光係

電話: 0475-70-3177 ファックス: 0475-76-7934

お問い合わせフォーム


令和2年度九十九里町海水浴場開設の中止についてへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]