ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

九十九里町木造住宅耐震診断・耐震改修補助制度について

[2013年5月1日]

ID:1008

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

九十九里町木造住宅耐震診断・耐震改修補助制度

 町では、木造住宅の安全性の向上を図り、昭和56年5月31日以前(建築基準法の旧耐震基準)に建てられた木造住宅を対象に耐震診断に対する補助を実施しております。平成25年度からは耐震診断に対する補助金の他に耐震性がないと診断された住宅の耐震改修工事を実施する際の費用の一部助成も実施します。

 この機会に、地震に備えてご自宅の耐震診断をしてみてはいかがでしょうか。

耐震診断補助金

1.補助対象住宅

次のすべてに該当する住宅が対象となります。

(1)昭和56年5月31日以前の建築基準法(旧耐震基準)に基づき設計および建設された町内にある木造一戸建て住宅または兼用住宅(延べ床面積の2分の1以上が居住部分であること。)であること。

(2)地上2階建て以下の在来軸組工法により建築された住宅であること。

2.補助対象耐震診断法

 (社)千葉県建築士会または(社)千葉県建築士事務所協会に所属する会員であって、千葉県が開催する既存建築物耐震診断・改修講習(木造)講習修了者名簿に登録された方が、(財)日本建築防災協会の発行する「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づき行う一般診断法または精密診断法による耐震診断であること。

3.補助対象者

 町内に住所を有する方で、木造住宅を所有し、かつ、現に居住していること。

 注)町税を滞納している方は、補助を受けることはできません。

4.補助金の額

 耐震診断費用の3分の2の額(千円未満は切り捨て、限度額4万円)

 

耐震改修補助金

1.補助対象住宅

次のすべてに該当する住宅が対象となります。

(1)昭和56年5月31日以前の建築基準法(旧耐震基準)に基づき設計および建設された町内にある木造一戸建て住宅または兼用住宅(延べ床面積の2分の1以上が居住部分であること。)であること。

(2)地上2階建て以下の在来軸組工法により建築された住宅であること。

(3)耐震診断の結果において上部構造評点が1.0未満である住宅。

2.補助対象耐震改修

 耐震改修の設計により耐震性の向上を目的とする町内施工者が行う工事で、改修後の上部構造評点を1.0以上にするもの。

(町内施工者:町内に本店、支店若しくは営業所等を開設しているものまたは町内に居住するもの)

3.補助対象者

 町内に住所を有する方で、木造住宅を所有し、かつ、現に居住していること。

 注)町税を滞納している方は、補助を受けることはできません。

4.補助金の額

 耐震改修に必要な1.設計費、2.工事監理費、3.工事費に要する額の一部の合計となります。

(1)設計費の3分の2の額(千円未満は切り捨て、限度額4万円)

(2)工事監理費の3分の2の額(千円未満は切り捨て、限度額6万円)

(3)工事費の100分の23の額(千未満は切り捨て、限度額30万円)

 

補助金の交付申請方法

 補助を受けるには、耐震診断や耐震改修工事等の契約を締結する前に、必ず補助金交付申請手続きを行ってください。

 なお、補助金の交付決定以前に契約を締結した場合には、補助金の交付対象外となりますのでご注意ください。

 補助を受けたい場合は、必ず事前に下記担当課へご相談ください。

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)まちづくり課管理係

電話: 0475-70-3156

ファックス: 0475-76-7934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


九十九里町(法人番号 8000020124036) 
〒283-0195 千葉県山武郡九十九里町片貝4099 電話: 0475(70)3100 ファックス: 0475(76)7934 

開庁時間:午前8時30分から午後5時15分(土曜・日曜、祝日および年末年始を除く)

Copyright (C) KUJUKURI All Rights Reserved.