ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

オレンジフラッグについて

[2015年7月18日]

ID:2238

津波から身を守るために

オレンジフラッグ

 オレンジフラッグは湘南から始まった取り組みで、津波避難の合図として用いられております。

  九十九里町の海岸では、津波周知および避難対策の一環として、津波警報・注意報が発表された際に、海水浴客やサーファー等の海岸利用者に津波の発生を知らせ、素早く避難していただくため、オレンジフラッグを掲揚して、避難を促す取組みを推進しています。

 海岸にオレンジフラッグが掲揚されているのを見かけたら、すぐに海から上がって海岸から離れ、身の安全を確保しましょう。

「オレンジフラッグ」とは、日本財団と全国各地の団体でつくる「渚の交番プロジェクト」が津波注意報・警報発令時に波の音や風の影響に左右されない視覚的な避難合図として、全国各地で認知を広める活動が行われている新しい津波情報の伝達手段です。

 

設置期間

夏期観光安全対策本部設置期間

設置場所

真亀海水浴場、不動堂海水浴場、片貝海水浴場、作田海水浴場

オレンジフラッグ

・オレンジフラッグの掲揚は、人的な作業によるものですので、掲揚できない状況も想定されます。

・オレンジフラッグの形状は、地域により異なる場合がありますが、オレンジ色のフラッグが津波に対する注意喚起です。

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)産業振興課商工観光係

電話: 0475-70-3177

ファックス: 0475-76-7934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


九十九里町(法人番号 8000020124036) 
〒283-0195 千葉県山武郡九十九里町片貝4099 電話: 0475(70)3100 ファックス: 0475(76)7934 

開庁時間:午前8時30分から午後5時15分(土曜・日曜、祝日および年末年始を除く)

Copyright (C) KUJUKURI All Rights Reserved.