ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

令和元年台風第15号からの一連の災害における被災住宅の修繕に対する補助申請を受け付けています(令和2年12月25日(金)まで)

[2020年11月1日]

ID:5713

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年台風第15号からの一連の災害で住まいが被災した方への補助制度のご案内

☆被災住宅修繕緊急支援事業

 令和元年台風第15号からの一連の風雨災害(台風第19号および10月25日の大雨含む)により、被災された住宅の屋根または外壁等の修繕工事を行う方に対して、費用の一部を補助する制度の受付をしています。詳細については下記条件等をご確認のうえ、お申し込みください。

※令和2年12月25日(金)をもって受付が終了となります。本制度を活用し、修繕工事をお考えの方(既に修繕工事が完了したものを含む)は受付期限までに申請をお願いします。


補助金申請手続きの流れ

※罹災証明書の申請がお済みでない方は、税務課でお手続きをお願いいたします。

補助対象者

次のすべての要件を満たす方

(1)町内に存する住宅であって、現に自己が居住していること。

(2)税務課が交付した罹災証明の判定結果が半壊(既に災害救助法に基づく「住宅の応急修理」を申請したものを除く。)または、一部損壊であること。

(3)町税等を滞納していないこと。

※以下、受付期限等に十分ご留意ください。

(4)令和2年12月25日(金)までに交付申請書を提出することができる方

(5)令和3年2月26日(金)までに修繕工事および事業者への支払いが完了し、実績報告を提出できる方

補助対象工事

・屋根・柱・床・外壁等の基本部分

・ドア・窓等の外部に面する開口部

・上下水道・電気・ガス等の配管・配線

・便器・浴槽等の衛生設備

※台風等の被害と直接関係のない工事は対象外です。

※畳のみの交換や仕上げ材のみの修繕など内装に関するものは原則対象外です。

※業者等に頼まずに自ら修理したものは対象外となります。

※倉庫、小屋、物置、カーポート、外構、家具、家電、バルコニー等は対象外です。

工事対象例

補助金額

・補助金の額は、住宅の修繕工事に要する費用(消費税および地方消費税を含む。)の20%または50万円のいずれか低い額

・補助金の額に千円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てるものとする。

・補助金の交付は世帯ごとにつき1回に限るものとする。ただし、一棟の住宅(長屋および共同住宅の場合は一室)に複数の世帯が同居する場合は、いずれか1の世帯に限るものとする。

※限度額を超える部分や対象外工事となったものは申請者負担となります。

※災害救助法に基づく「住宅の応急修理」を事前に申請した方で工事費が150万円を超える場合は、超えた額の20%または20万円のいずれか低い額となります。

申請に必要な書類等

(1)九十九里町被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付申請書(別記第1号様式)

(2)資力に係る申出書(別記第2号様式)

(3)修繕工事着手前の住宅の被害状況がわかるカラー写真

(4)修繕工事の見積書(別記第3号様式(その1)または(その2))

※(その1)は事前に災害救助法に基づく「住宅の応急修理」の対象となり申し込みをされている方向けのものになるため、これから申し込みをされる方は(その2)をお使いください。

下記の項目についてそれぞれの金額がわかるように工事業者に作成してもらってください。なお、見積書に記載されていても、すべてが補助の対象となるわけではありません。

・屋根工事:瓦、銅板葺き等

・仮設工事:屋根工事に係る足場等

・外壁等工事:外壁材、筋交い、柱、小屋組み、土台、基礎等の補修

・建具工事:アルミサッシ、木製建具等の補修、窓の補修、ガラスの取替等

・天井工事:天井の破損・落下補修等

・床工事:床組、下地材の補修等

・その他工事:風呂、トイレ設備、電気・ガス等の配管の補修

(5)罹災証明書の写し

(6)納税状況調査等の同意書(別記第4号様式)

(7)耐震性等の向上に資する補修確認書[屋根工事や構造体力上主要な部分の工事を行う場合]

「住宅修繕工事一式●●円」のように内訳の記載がなく、具体的な工事内容が不明なものは受付できません。

施工業者さんへ見積書等の作成のお願い

複数業者利用時の見積書作成について

被災住宅工事相談窓口

工事完了後に必要な書類等

(1)実績報告書(別記第6号様式)

(2)契約書および領収書の写し

原則として見積書の金額と同額である必要があります。

(3)工事完了後のカラー写真

※実績報告書を提出した後に、まちづくり課から補助金額の確定通知が届きます。

記載された額を確認したうえで、補助金の交付請求書をまちづくり課に提出をお願いします。

 

様式

住宅の応急修理申込書(一部損壊)兼 九十九里町被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付申請書

記載例

資力に係る申出書

記載例

修理見積書

記載例(応急修理用)

記載例(補助金用)

耐震性等の向上に資する補修確認書

記載例

納税状況調査等の同意書

記載例

九十九里町被災住宅修繕緊急支援事業補助金実績報告書

記載例

九十九里町被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付請求書

記載例

委任状

契約書(見本)

代理受領制度について

 申請者の方が補助金を直接受領する通常の流れのほかに、工事施工者が代理受領するかを選択できます。申請者は工事費と補助金の差額のみを工事施工者に支払うことになり、事前の費用負担が軽減されます。詳しくは「代理受領制度について」をご覧ください。

代理受領制度について

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)まちづくり課管理係

電話: 0475-70-3156

ファックス: 0475-76-7934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


九十九里町(法人番号 8000020124036) 
〒283-0195 千葉県山武郡九十九里町片貝4099 電話: 0475(70)3100 ファックス: 0475(76)7934 

開庁時間:午前8時30分から午後5時15分(土曜・日曜、祝日および年末年始を除く)

Copyright (C) KUJUKURI All Rights Reserved.