ページの先頭です
メニューの終端です。

国民年金で届出が必要な場合

[2018年3月28日]

 国民年金は就職や結婚など、ライフスタイルが変わったときには届出が必要になります。届出をしないままでいると、受給できる年金額が減ってしまったり、受給できなくなるケースもあります。自分のための年金です。忘れずに届け出ましょう。

届出が必要な場合

こんなとき

届出の内容

持参するもの

20歳になったとき

(職場の厚生年金などに加入していない人)

国民年金の加入届

免許証やパスポートなど本人確認できるもの

マイナンバーカード(通知カード)

印鑑

学生証

退職して厚生年金などをやめたとき

本人は厚生年金等「第2号被保険者」から国民年金「第1号被保険者」へ変わる届

その人に扶養されていた配偶者は種類が「第3号被保険者」から「第1号被保険者」になる届(※1)

免許証やパスポートなど本人確認できるもの

マイナンバーカード(通知カード)

年金手帳

印鑑

退職証明書等(退職日が確認できるもの)

会社などに勤務中の人の配偶者が扶養を外れたとき

被保険者の種類が「第3号被保険者」から「第1号被保険者」になる届(※1)

免許証やパスポートなど本人確認できるもの

マイナンバーカード(通知カード)

年金手帳

印鑑

扶養を外れたことが確認できるもの

希望して任意で加入するとき(※2)

任意加入届

免許証やパスポートなど本人確認できるもの

マイナンバーカード(通知カード)

年金手帳

印鑑

(高齢任意は口座振替による支払いが原則ですので、通帳と届出印も持参願います)

(※1)

第1号被保険者

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人で、厚生年金に加入していない人

(自営業・自由業の人や学生など)

第2号被保険者

厚生年金に加入している人

第3号被保険者

厚生年金保険に加入している人に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人

 

(※2)

日本人(第1号被保険者)が外国に住むことになったときは、国民年金は任意加入の手続きができます。

60歳以上65歳未満の人で、年金の受取り額を増やすとき高齢任意加入できます。ただし、老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている人や、保険料納付済期間が480月以上の人は、任意加入できません。

 

届出先

住民課国保年金係

お問い合わせ

九十九里町(法人番号 8000020124036)住民課国保年金係

電話: 0475-70-3152 ファックス: 0475-76-7934

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]